2012年03月07日

プーモルミーの病歴・通院記録

プーモルミー(♀) 2008年1月8日〜1012年3月1日 4歳1ヶ月3週間


2009年(犬猫メインの立派で大きなK病院)
    3月20日 血尿で初めて病院に行く
            尿検査を行うが原因わからず。
    4月17日 血尿 2回目尿検査
            膀胱炎のシロップ処方
    4月24日 血尿 3回目尿検査
            引き続き膀胱炎のシロップ
    5月29日 血尿 4回目尿検査
            抗生物質2週間分処方
    6月30日 血尿 結石の有無をみるためレントゲン検査
            結石なし
2010年(Bクリニック)
    12月14日 右目目尻側に脂肪の様なもの(痛みなどはなし)
            原因不明 不自由がなければそのままでよいのではとの事
2011年(小動物もみてもらえるAペットクリニック)
    4月12日 子宮平滑筋腫(子宮筋腫)体重950g(摘出前)
            摘出手術(子宮のみ全摘)
    11月21日 うっ滞(軽度)体重800g
            レントゲン検査 胃腸の動きを良くする薬
    12月10日 牧草で角膜に傷
            目薬3種
    12月23日 うっ滞(重度)体重799g
            レントゲン検査 胃腸の動きを良くする薬
2012年
    1月 3日 膀胱結石
            レントゲン検査 サプリ、抗生剤、尿酸化剤など
    3月 1日 うっ滞? 前日お腹が張っていた
            レントゲン検査 4時間後自宅にて死亡

----------------------------------------------------------------
2009年の血尿について
子宮平滑筋腫のせいだったと考えられる。
2011年4月に手術以降、以下の症状がなくなった。
・血尿(月に1〜2回で極少量)
・乳首からの分泌物(分泌物で乳首まわりまでガビガビ)
・大量のお水を飲む(300ccの給水器のお水が1日でなくなる)

この一連の血尿に関してはK病院では検査ばかりで原因はわからず。
これは病院がダメだったと思われる。犬猫メインの病院で
小動物も診療はしてもらえるが、担当によってはひどい扱い。
プーモルミーの子宮筋腫の時も触診のみで「ガンです。」
と即答された。小動物を診てもらえる病院は少ない・・・。


うっ滞について
2011年11月以降時々うっ滞を起こすようになっていた。
モコぞうがいたペットショップの方の話では一度うっ滞を起こすと
完治する事はなく、その後もうっ滞を起こすようになるとの事。

今日うっ滞の検索していたら「胃腸内容うっ滞:物言わぬ殺し屋」
といううさぎのうっ滞について書かれた文章があった。
モルぞうがうっ滞になった時、うっ滞について調べた。
プーモルミーがなった時にも調べた。でも調べ方が足りなかった。
この文を読めば読むほど対処の仕方が甘かったのだと感じた。
プーモルミーの死因ははっきりわからないけどもしかしたら・・・
うっ滞だったのではないだろうか。11月以降プーモルミーの行動を
ひとつひとつ思い出し、かき集め照らし合わせていくとそうである
可能性が否めない。そしてそれらを認識しつつうっ滞に結び付けら
れなかった飼い主の責任がいかに大きいかを思い知らされた。


ニックネーム 千葉モル at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

お別れ

プーモルミーは長年過ごしたプー小屋で最後の時を過ごしました。

CA392707.JPG

プーモルミーが使っていたフリースの布団。
人間みたいに掛け布団かけてます。めくると保冷剤・・・。
悲しみながらも現実的な事も考えなきゃならないんですよね。
2日午前中、色々とお世話になったので病院にプーモルミーの事を
電話で伝えたら午後に病院からお花が届きました。ありがとうございます。
(お礼をしないといけないんだけどもう少しお待ちください)



私が住んでいるマンションはペット不可。
なのでペットが死んでもおおっぴらにする事ができません。
フクロモモンガのモモの時は移動火葬車で火葬してもらい、
マンションから少し離れた路上でお骨上げをしました。
モルぞうの時はペット斎場にしようか迷いましたが、外出する気力がなくて
移動火葬車でお骨上げも業者さんにお願いしてしまいました。
(後になってすごく後悔しました)

プーモルミーとのお別れはまわりを気にせずにしたかったので
ペット斎場にしました。
日にちは3月3日ひな祭りの日でした。

CA392725.JPG

亡骸を入れる箱の中に大好きな牧草をたっぷり敷いて、
これまた大好きなチモシーの穂をいっぱい入れました。
ひな祭りの日だし・・・レースでちょっとおめかし。
生きていたら嫌がって速攻外され踏みつけられていただろうなぁ。


左手首には「絆リボン」



CA392726.JPG

3日の朝、病院から頂いたお花で女の子らしく飾って。
このあとにんじんを忘れていた事に気付き、細切りにんじんを散らしました。
(プーモルミーは細めに切ったにんじんじゃないとうまく食べられないので)



小さな斎場ですがゆっくり静かにお別れが出来てよかったです。

CA392727.JPG

家で牧草やお花などの飾り付けをしていったので、
斎場側で用意してくれていた籠に箱ごと置いて
ピンクのドレスをかけてもらいました。

お経や焼香などはないものの、人間の葬儀に似た形だったからか
「きちんとお別れができた」という安堵感が。
自分で納得できてそれで気持ちの整理がつけられればいいんです。
人間という生きものの性ですね。






「帰らぬもののために思い悩み悲しむ分を今いるもののために費やしなさい」

プーモルミーから教わったことのひとつ。

私はモルぞうの死後(正確には前後)、喪失感と悲しみでしばらくの間
プーモルミーに辛い思いをさせてしまいました。
やたらとプイプイ鳴くので「うるさい!」と怒鳴りつけた事もありました。
でもその時プーモルミーは
「悲しいのはわかるけどちゃんとワタシのお世話もして!」
「ワタシに無関心にならないで!モルぞうみたいにかわいがって!」
と、訴えていたんだと思います。

プーモルミーから教わった事がたくさんあるので
モコぞうのお世話で実践していきたいと思います。

泣いて泣いて泣いて、悲しみも一緒に流し出し
悲しみであいた穴は時間が思い出で埋めてくれる。
出会えてよかった。プープー、大好き!!




ニックネーム 千葉モル at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

プーモルミー モル天国へ

毎朝私がモル部屋に行くとプーモルミーは寝ていても寝床から出てきて
私を見上げ「美味しい葉っぱちょうだい!」と無言で催促する。
最近はおねだりの時いつも立っちするようになっていた。
昨日の朝いつものようにモル部屋に行きまずプーモルミーの小屋を覗く。
するといつもは食い散かされてほぼなくなっているはずの牧草が殆ど残っている。
いつもよりお水の残量も多い。
いつもは散乱しているフンも数個しかなくオシッコ跡も3箇所しかない。

これはおかしい。

「プープー」と呼んでも寝床から出てこない。

間違いなくおかしい。

寝床の仕切りのフリースをめくると、布団の上で横になったまま。
元気な時こういう事をすると「何すんのよ!何なの?」といった感じで
すぐ起き上がり私の方に寄ってくるのに、今日は動く気配すらない。
昨日はやけにお腹が張っていて(またうっ滞を起こしているのかな)とも
感じていたので、すぐに病院へ連れて行った。

いつも使っているミニキャリーだとプーモルミーを出しにくいので
すっと出せるよう大きめのバックにホッカイロとタオルをいれ、
プーモルミー毛布(フリース)を敷いた。
抱き上げても脱力している。かなり具合が悪い・・・。

こういう時に限って待たされる。
私よりも後から来た抜糸の犬やペットショップのワクチン犬(6匹くらい)が先になった。
抜糸犬はすぐ終わるからとだと思うし(恐らくプーモルミーはレントゲンを撮るので時間がかかる)、
ワクチン犬は頭数が多く診察室には置ききれないからレントゲン室に運ばれた。
プーモルミーはレントゲンを撮るのでワクチン犬達を先に終わらせないと
レントゲン室が空かない。
わかっちゃいるけどイライラした。

症状を説明し、体温を測り(38度)レントゲンを撮った。
うっ滞は前回と同じくらいだった。でも結石が大きくなっていた。
前は小さくて丸い結石がひとつだったのに、今回はその丸い結石のまわりに3つ
ぐらいのでっぱりが出来ていた。
うっ滞の薬をもらい様子を見て1週間後に結石は超音波で調べる事になった。

お昼頃帰宅し、小屋にプーモルミーを戻した。
歩けない・・・。
下半身に力が入らないのか前足だけで這うように歩く。

すぐまた病院へ連れて行こうか迷ったが、様子を見ることにした。
さっきのレントゲンの時でも相当なストレスだったはずだ。
また慣れない環境で知らない臭いがする病院でいじくりまわされたら
ストレスでその場で死んでしまうかも知れない。
何で急にこんなになってしまったんだろうと色々考えた。

リビングに小屋を移し一緒に過ごした。
薬を今あげるべきか後にするか悩んだが、うっ滞のせいで苦しいなら薬で楽に・・・
と思い、シリンジであげたが、あまりに嫌がるので少し残ったがやめた。
寝床で寝ていても頻繁に体勢を変え、寝床から出てきてペットシーツの上で
腹ばいになっている時もよく体勢を変えていて落ち着かない。
時々そっと撫でたり話しかけたりした。
その間も全くお水も飲まないしごはんも食べない。
腸が動かないとこれもまた死を意味する。
恐らく10時間くらい飲まず食わずの状態が続いているはず。
3時半頃プーモルミーの大好物のにんじんをすりおろしたものを口先に持って
いったが無反応だった・・・。
いつもなら離れた部屋でもにんじんが出た時点でプイプイ鳴くのに。

もう覚悟しなければならないと感じた。

噛めないのなら水分だけでも・・・と思い少しお水で薄めたにんじんジュースを
シリンジで飲ませようと抱き上げると全身がグッタリしていて、もはや飲み込む
力すらなかった。

4時5分前。
病院の午後の診療時間は4時からだ。
病院に相談してみようと電話しようとしたが
プーモルミーを見るともう目がうつろだった。
もう何もできないししない方がいいんだと感じた。

CA392703.JPG
これが最後かもしれないと思って写真を撮りました。


呼吸は弱く、布団の縁に置いた顎がコクっと落ち、また戻し・・・
それを何度か繰り返したあと、小さく2回咳き込むような嘔吐のような仕草。

モルぞうの最期と同じだ。

動かされるのは嫌だろうと思ったけど布団ごとプーモルミーを抱きました。
かわいい大きな眼。あたたかいからだ。私が涙と鼻水で顔をぐしゃぐしゃに
して名前を呼び続けている間にそっと旅立って行きました。

CA392704.JPG


布団を外して抱きなおすとプーモルミーは笑顔でした。

CA392705.JPG

写真ではわからないんですけど、私を見上げて笑っているような顔をしていました。



モル飼いさんのブログではよく最期に鳴いてお別れを言ってくれるみたいですが、
プーモルミーは何も言ってくれませんでした。
いつもはうるさいプーモルミーなのに旅立つ時は静かでした。

3月1日午後4時3分。プーモルミー4歳1ヶ月と22日。




ニックネーム 千葉モル at 12:53| Comment(4) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

皮膚病?フケ?

モコぞうはお迎えしたてのころ、よく体を掻いていた。
“激しく”とか“常に”とかではないんだけど。
でもプーモルミーより頻繁に掻いていた。
ちょっと気になっていた。

何日かすると少しおさまってきたようだったけど掻いていた。

(もしかして・・・)

そう思いつつも異常とまではいかないしプーモルミーの結石の事もあり
モコぞうの健康診断は先送りにしていたんです。

モコぞうはロン毛なのでお迎えした時すでにちょっと小さな毛玉があり
それも気になっていたんだけど、環境と人に馴れるまでの間は最小限の
接触にしていたんです。
もう1ヶ月過ぎたし、結構馴れてきたっぽいので10日の夜、お尻周りの
毛玉切りを決行しました。

下半身の毛をヘアクリップでとめ、念願の!?ケツ毛をブラッシング♪
案の定、足近くやお尻まわり、特に玉様の上(背中側)の毛が根元から
固まってました。心なしかなベタついた感じが。
(もしかして皮膚病で患部が化膿してるのか!?)
一抹の不安を抱えつつチョキチョキとカットしていたら地肌がどす黒い!


(゚Д゚;)


こ・これは!?



しかも毛の根元には


白いものがいっぱい( :゚Д゚)



(>_<)
まさか
まさか
まさか
皮膚病!?



「モコぞうの皮膚が変色してるっ!!明日は病院だぁっ!!!」

動揺しつつ来たばかりの頃よく掻いていた首まわりもチェックすると

うあぁ・・・(゚Д゚;)

なんか皮膚から

フケみたいなのが!?


た い へ ん っ


あぁ・・・だからモコぞうはお尻まわりいじられるのが嫌だったんだ。
とか
あぁ・・・プーモルミーで散々お金使ったのにまた諭吉が・・・(>_<)
とか
あぁ・・・一度だけプーモルミーとご対面させちゃったけど大丈夫かな?
とか
色んな事が走馬灯のように脳裏を駆け巡りました。
(その後ネットで皮膚病の事とか調べましたがイマイチ合致せず)

そして翌日。午前中に病院へ行った・・・が混んでいたので仕切りなおし。
(家から30秒の所に病院があるとこういう時も便利)
午後診療が4時からなのでその間にプーモルミーの皮膚チェックしたら


なんと!!

モコぞうと同じお尻の上側にフケ発見(´Д`;)



ちょっと絶望的な気持ちで病院へgo・・・。

「先生っ!・・・(中略)
お尻の所の毛の根元に白いものがみっちり付着
していてそこの皮膚が黒く変色してて・・・(中略)
あと首の所も・・・他にも・・・(後略)」

先生「お尻の所ってここかな?変色している所ってここ?」


             背中
CA392680.JPG
             


その後先生は体の他の部分の皮膚もチェックしていましたが
変色している皮膚組織やフケを検査せずに言いました。


そこは臭腺だから


元々そう色なんですよ。


首まわりのフケの様なものは


乾燥が原因です。


冬場は多いんですよね。







(・ω・;)



無知な飼い主のみがなせる業なり・・・
もー恥ずかしい・・・



初診料 1050円
皮膚保湿保護 セラミドスプレー 2520円

合計 3570円ナリ

先生がニコニコしながら「乾燥にすごくいいのがあるので」と
セラミド・オリゴノール モイスチャースプレーなるものを。
人間より高価なものじゃございませんかっ。
でもプーモルミーにも使えるし・・・飼い主も使・・・ってやる!?

皮膚にスプレーした後マッサージしてよく馴染ませるらしいんですが、
皮膚にスプレーすんのは結構難しい技。殆ど毛にかかっちゃいます。
(手の平にスプレーして気になる部位にモミモミ揉み込んでます)
シャンプー後にスプレーすればトリートメント代わりにもなるみたい。

CA392682.JPG

お毛々しっとりウェーブきれい(^−^)


今回は飼い主の無知&思い込みでとんだ茶番でしたよ(- _ -;)
しかし臭腺があのような場所にあると今まで知らなかった。。。
♂の臭腺まわりはベタベタしてお毛々も固まりやすいので気をつけなきゃ!

無知って怖い(T_T)
ニックネーム 千葉モル at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

結石-3

2月2日、プーモルミーの再診に行ってきました。
結石の薬は14日間1日2回だったんだけど、10日過ぎからお腹が

グルルルルル・・・

と鳴りはじめ(いままで聞いた事なかった)心なしかお腹も張り気味。
お腹の張りはいつもの事かもしれないけど気になったので服用中止。
(腹鳴りは今暖房で乾燥しているからお水も沢山飲むのでそのせいかも)

またレントゲンを撮られたくさん毛が抜けました。゚(゚´Д`゚)゚。
今迄で一番毛が抜けた気がする。レントゲン室からの叫び声も凄かった。
あぁ・・・仕方ないとわかっていてもかわいそうだ。。。
あんなに毛が抜けるなら看護婦さんじゃなくて私が押さえたい!
(毛を抜かれた事に相当不満を感じている飼い主)

結果は「効果なし」。
結石はなくなっていませんでした。
前回私の聞き間違いだったみたいで結石の大きさは2mmでした。
2mmじゃぁ・・・尿と一緒には出そうにない大きさですな(-_-)

再診料 525円
レントゲン診断料 4725円

合計 5250円ナリ


CA392635.JPG
(だいぶブサイクな写りのプーモルミー)

「ちょっと聞きなさいよ!
なんだかわかんない台の上で
イヤだっていうのにいじくり回すし
押し付けられたりすんのよ!
いくら暴れてもギューってすんの。
おかげでアタシの毛がいっぱい抜けちゃうの!
もがいて体に力が入るからウンコも出ちゃったわ。
アタシ何にも悪い事してないのにひどい仕打ちよ。
アンタなんで時々あんな恐ろしい所に連れてくのよ?」

と、文句言っているみたいです。


結石は大きく分けて2種類。カルシウム結石とストラバイト結石。
(カルシウム結石は更に何種類かあるようだけど)
何の結石かは実際に取り出してみないとわからない。
(ストラバイト結石は殆どの場合が尿路結石みたいです)
この1ヶ月で治療に使った薬はカルシウム結石に効果があるといわれている薬。
この大きさの結石では薬以外の治療はない(自覚症状もなく小さいから手術の必要性もない)
ので食生活に気を付けながら経過観察することになりました。
今後定期的(3〜4ヶ月1度)にレントゲンを撮って結石の大きさに変化がないか様子を見ていきます。
あとは大きくならないように飼い主が気を付けなければいけません。

去年の手術時のレントゲンには結石は写っていなかったそうなので、手術以降に結石が
形成されたわけで、手術後何が変わったかといえば・・・

大きくは食生活!

・毎日少量?ながら生野菜をあげるようになった
・牧草が2番刈りから3番刈りになった
・バミューダヘイ、オーツヘイの割合が増えた
・術後という事でアルファルファを少量(3本前後)ながらあげてた
・水が「赤ちゃんの純水」から「ブリタで浄水したもの50%+アルピナウォーター50%」になった
・小屋(寝床)が狭いダンボールハウスから大きなハードキャリーになった

でもー生野菜をあげているモル飼いさんはたっくさんいるわけで、その全てのモルが
結石患っているわけじゃないしぃ・・・。

まぁとにかく。
食生活を健康的に?って事ですかね。
カルシウム結石と仮定した場合、シュウ酸やカリウムを多く含むものを適時適量あげるとか。
食事は飼い主が種類も量も決めるものなので気を付けようと思います。

ニックネーム 千葉モル at 11:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

抱っこクリア

モコぞうをお迎えしてから3週間経過。
だいぶ慣れてきて、私が動いても逃げる事もなくなり
小屋に手を入れて撫ぜる時もほぼ逃げなくなりました。
ごはんを食べている時にそっと撫でても大丈夫(^−^)
ベビーじゃなくてもちゃんと馴れてくれるんだなーと思いました。

そして抱っこも((o(≧▽≦)o))

CA392639.JPG

無言でじっとしてます。
1度だけ寝落ち寸前までいきましたがまだ落ちていません(- _ -;)
モコぞうは抱き上げる時脱力してます。ちょっと不思議。
怖いのかなぁ?

それにしてもモコぞうちょっとにおう・・・。
ロン毛は尻毛にオシッコとかつきやすいからかなぁ?
それとも男臭なのかなぁ??


CA392637.JPG

全身オレンジなので鼻や口も茶色。
「カピバラみたい・・・。」と旦那さん。
なんかモコぞうの鼻下ってのっぺりして見えるんだよねー。
何でだろう?



ニックネーム 千葉モル at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | モコぞう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

結石-2

プーモルミーの結石が見つかったのが1月3日のこと。
2週間の薬も終わったので17日に病院に行ってきました。
このところ毎回レントゲンです(- _ -;)
前回に比べ結石の大きさは殆ど変わっていませんでした。
0.18〜0.2mmくらいの大きさ?(桁ひとつ違うかな??)

こんな小さくてもオシッコと一緒に排出はされないそうです。
まだ結石が小さすぎるので自覚症状(痛み)はないとの事。
ただこの先結石が大きくなる事はあっても消える事はありません。
今後の事について話し合った結果、前回より1ランク強い薬を
試してみる事にしました。

ネットで結石について調べてたんですが、結石を溶かす薬はないと
目にしました。その事を先生に話したら先生は「今度のお薬は効果
があった例が報告されているので。これで効果がなければネットの
情報通り結石を溶かす薬はないという事になります。」。
副作用は食欲減退だそうです。

一瞬迷いましたが、まだ小さな結石で消せる可能性がゼロでないなら
その可能性にかけてみようと思いました。ダメもと。
(勿論副作用がひどい時は服用を考え直そうと思いますが)

再診料 525円
レントゲン診断料 4725円
尿石防止 ウラリット配合錠x14錠 1470円

合計 6720円ナリ(>_<)


早速17日夜から服用開始しましたが今の所食欲減退の様子は見られません。
今回も錠剤なので少量のお水ですり潰した錠剤とペレットを混ぜたものに
少量のにんじんのみじん切りとひとつまみのアルファルファのふりかけを
混ぜペースト状にしたものを食べさせています。
錠剤+ペレット→食べない
錠剤*ペレット+野菜のみじん切り→食べるが完食せず
錠剤*ペレット+野菜のみじん切り+アルファルファふりかけ→完食

少量でも毎日だと積もり積もって・・・って事があるので
アルファルファは徐々に減らして極少量にしたいです。

あ、ちなみに結石ってどのくらいの期間でできるものなのか先生に聞いたら
一概には言えないけれど、早いと1週間ぐらいでできることもあるとの事。
いつものごはんの在庫を切らしてしまい近所で買った安いごはんに変えたら
1週間ほどで結石ができてしまった猫の患者がいたそうです。
(勿論体質などにもよると思いますが)
ペットにとって食事の内容って重要なんだなーと思いました。

CA392647.JPG

チモシーの穂をぐいぐい引っ張る元気なプーモルミー。
欲しいものは力ずく!!
最近嫌な病院通いと薬が続いているのでチモシーの穂をちょっと多めにあげてます。
やはりチモシーでも「穂」の部分のカロリーは高い?としたらあげ過ぎはよくないのかなぁ?
でも普通にあげる牧草から取り上げている穂なのであげ過ぎって程でもないか。

最近給水器の水漏れがひどくて、飲んでいる量より漏れている量の方が多い気がしないでもない。
新しいのを買わなきゃだめだな・・・。




ニックネーム 千葉モル at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

だいぶ馴れてきました

モコぞうをお迎えしてから11日。
はじめの数日間は飼い主が動くたびダダッと逃げていたけど
ここ数日でそれはなくなりました(=^▽^=)よしよし。
そして覗かれていても餌場に来るようになり、時には
「もっとちょうだい!」とペレット入れの食器に前足をかけて背伸びします。

CA392631.JPG

クリクリくせ毛なので毛の長い下半身がとても大きく見えます。
そのお姿は形といい色といいまるで

ひょうたん

顔周りが直毛だから余計下半身が大きく見えちゃいます。
ケツ毛にはよく牧草が絡んでます。
モコぞう専用のブラシ買わなきゃ!

来た頃はよく体を掻いてたので「もしや!?」と心配しました。
最近はそうでもないと思うのですが・・・もう少ししたら病院で
健康診断してもらおうかなと思っています。

今日はプーモルミーの再診に行く予定。
今月は色々と出費が多く金欠で動物病院代が身に沁みるぜ(T_T)


ニックネーム 千葉モル at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モコぞう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

食生活を振り返る

モコぞうが来てからこのブログの更新もマメになった(汗
去年はハンドメイドアクセサリー作りに没頭!?していまして。
1つの事しか出来ない性質なんです・・・。

あと2日で膀胱結石発見でもらった抗生剤も終わる予定。
ネット検索で調べてみると、モルモットの結石を溶かす?薬はないとのこと。
って事は、プーモルミーはこの先あの小さな結石を膀胱に泳がせたまま生きて行く訳?
この先も真珠みたいに結石が大きくなるって事ですよね・・・。
大きくなってしまったら手術で取り出すしかないわけで(>_<)
すごく小さければオシッコと一緒に出てくれる可能性もあるけど、
プーモルミーのはどうなんだ!?

オシッコする時に痛くて鳴く事も、なかなか出ないなんて事もなく
放尿体勢に入るとすぐに「ジョーーー」と出してます。

結石ってどのくらいでできるものなんだろう??
今度病院へ行ったら先生に聞いてみよう。

プーモルミーの食生活を振り返ってみると・・・
去年4月の手術を境に生野菜を頻繁にあげるようになり、
アルファルファも復活し、食生活が変わったのは事実です。

まずメインの牧草は・・・
チモシー3番刈りスーパーソフト 30〜50%
バミューダグラス30〜40%
オーツヘイ20〜30%
オーツヘイはバミューダグラスの替わりに多めにあげる時もありました。
(栄養価の低い牧草がメイン・・・)
おやつ 10%
乾燥パセリ(ひとつまみを1日1〜2回)、ペレット20粒ぐらい(1日1回)。
アルファルファは中位の長さの茎にして2〜3本。
生野菜は1日1回1種類。(時々2回2種類)
パセリなら4〜5モコモコ、サニーレタスは多い時で1枚。
その他にんじんは3mm厚1枚。とうもろこしの皮だと2〜3枚。
とうもろこしのヒゲは3本分くらい。

メイン食の牧草の栄養価が低いので(嗜好性を重視してしまった)、
栄養価補給の意味でアルファルファとペレットをあげてたんですけど(- _ -;)
(でも両方ともカルシウムが多めなのよねー)

去年末うっ滞を起こし、今年はじめに結石が見つかったのを期に
プーモルミーの食生活を考え直し変えてみました。

今は
チモシー1番刈りシングルプレスと2番刈りダブルプレスのブレンド 40%
(2番刈りは在庫処分のため入れてます)
チモシー3番刈りスーパーソフト 40%
バミューダグラス 15%
おやつ 5%
メインおやつがチモシーの穂(1日10〜15個)とオーツヘイ(軽く一掴み)。
乾燥パセリ、ペレット、生野菜は週に数回気が向いたらあげる感じです。

プーモルミーはバミューダグラスが大好きなんですが、水分をを吸わない
牧草だけに、お腹の中でも水分吸収しにくくて胃腸に良くないんじゃない
かと勝手に思って量を減らしました。

1番刈りシングルプレスは硬い茎も多くとても長いのですが、
その分穂も多くダブルプレスのように葉が粉々になっていないのがいいです。
その代わり選別とカットにメチャ時間がかかります(>_<)
穂だけ専用タッパーに入れておやつとしてあげています。
2モルとも穂は大好きなので喜んでます。

CA392632.JPG

本人はお尻に天使の輪を輝かせながらブルトーザーのように
牧草に頭を突っ込みワイルドな食べっぷり。
私の気配を感じると寝床スペースから顔を出してプイプイ鳴きながら駆け寄り
よろけつつ立っちポーズでおねだり。あぁ(*´ω`*) かわいい♪

小屋の寝床以外の全てがお食事処。
本来こういう食べ方が好きなのね・・・きっと・・・。
もう元気ならそれでいいって感じです。





ニックネーム 千葉モル at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

名前決定

新入り男子の名前候補は「テツオ」「アフロ」でしたが評判が悪い。
名付け親の旦那さんは「テツオ」がいいみたいなんだけど人間の名前みたいだし
私からすると全然ピンと来ない(- _ -;)
そこで少し抗議をしてみたら新たに「モコモコしているから」ということで

モコモコ

悪くないけど・・・って感じ。
その後少し話し合いようやく名前が決まりました!

CA392630.JPG


 モコぞう


1代目の♂モルの モルぞう と1字違いですが。
♂のモルモットの名前には「〜ぞう」と付ける!という事にしました。。

モコモコで巻き毛の洋風と醤油顔の和風がコラボした名前です(汗

まだ呼ぶ時にモルぞうと間違えたり、一瞬考えたりしてしまいます・・・。
そして「モコちゃん」とか「モコ〜」とか呼ぶようになるんだろうなぁ。

昨夜旦那さんが珍しく自らモル部屋へ行ったのですが、モコぞうはウンコを
こんもりしていたため臭かった(>_<)
(今暖房で衣装ケースの小屋を電気毛布で包んでいるため余計臭う)
そしたら「く・・臭い!」と言って帰ろうとしたので( :゚Д゚)オイオイ
「口で息すればいいじゃん!」と旦那さんにチモシーの穂を持たせ
モコぞうの鼻先にそっと差し出すよう促しました。
・・・しかし食べてくれません(- _ -;)
「食べないよ・・・」と旦那さんは部屋を去っていきました。
(臭い臭いうるさいからモコぞうがへそ曲げたのかも)

私は毎日お世話しているけど旦那さんはそうじゃないのでまだにおいを覚えて
もらえていないのかも知れませんねー。モルモットは視覚より嗅覚らしいので。
(あの短い鼻で嗅覚!?・・・という気もしますが)

そういえば3日目ぐらいの時、プーモルミーをいじったあとに
モコぞうにおやつを差し出した時、モコぞうはおやつより先に
私の指のにおいをクンクンと嗅いでいたので(あら!私のにおいを
嗅いじゃって〜(´∀`*))なんて思ってたんですが、プーモルミー
のにおいを嗅いでたのかも知れませんね(T_T)


何はともあれようやく名前が決まりました。

 モコぞう

をよろしくお願いしま〜す♪




体重927g


ニックネーム 千葉モル at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | モコぞう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする