2009年07月17日

膀胱炎?その後

忘れかけた頃に更新のこのブログ。
でも、プーモルミーは元気です。

題名は元気じゃないですがー(-_-)

血尿

膀胱炎



こんな治療を何度か繰り返したわけですが、薬を飲んでいる間にも血尿。
量自体は少量なんですが、やはり気になって仕方ない。
でも、プーモルミーは食欲も普通だし排尿時も元気いっぱい?!
何が原因かわからないまま毎回尿検査していいお値段の治療費を払ってました。

前回のブログの数日後、病院から電話がありました。
担当獣医からの電話です。
前回病院に行った時、知り合いの小動物に詳しい獣医師に聞いて
お電話します。と言ってたので。

 ・結石が大きな場合、尿検査ではわからない場合がある。
 ・結石がある場合、結石が動いた時に膀胱などに当たり傷ついて
  出血(血尿)する場合がある。
 ・結石があるかどうかはレントゲンで確認できる。
 ・場合によっては手術しなければならないが、その時は当院
  (今通っている動物病院)では手術できないので、東京にある
  病院を紹介します。
 ・今後また血尿が出た場合は一度レントゲンを撮ってみましょう。

との事でした。


CA390849.JPG

私が作ったヘアアアクセの試作品を頭に付けたプーモルミー。
とうもろこしの穂をむさぼっています(=^−^=)
あ〜とうもろこしの季節なんですよね!!今年は毎日のようにとうもろこしです。
おかげでありがたみが薄れ、葉っぱの先まで食べなくなってしまいました(`皿´)


前回病院に行ってから17日後の6月29日夜、また血尿を確認( :゚Д゚)
いよいよ?レントゲンです・・・。
もし結石があったらどうしよう・・・。
麻酔をしなきゃならない手術は避けたいなぁ・・・。
色んな事を考えつつ病院へ。
今回は問診の後レントゲンを撮るのでいつもより時間がかかりました。
そして呼ばれて診察室へ。
そこにはプーモルミーのレントゲン写真が2枚ありました。

レントゲンの結果は結石なし!
腎臓にもありませんでした。(↓のせいで見難かったけど)
レントゲンにはたらふく食べた牧草が腸にたんまり入っている様子が(^∀^;)
(↑先生が「これは腸で、ごはんがたくさん入ってますねぇ」って)

安心〜!!ですが、血尿の原因はわからないままです。
先生も原因がわからないと困っていましたが、
「発情出血」というのがあり、そうである可能性も捨てきれない。
と言っていました。
人間の出血とは反対で動物の場合は、発情(妊娠可能)になると
生殖器が膨らみ(血液が集まる)、その時に尿と一緒に血液が出る
場合があるそうで、発情出血であれば問題はないそうです。

プーモルミーの場合は発情周期よりも短期で血尿が出ている時もあるのですが、
お尻フリフリの時期に血尿が出ている時もあります。

今回は原因がわかるには至らなかったけれど、レントゲンも撮り
結石がない事はわかりました。
そして血尿の原因のひとつに「発情出血」というものがある事もわかり
飼い主としては少しお勉強になりました。

幸い?その後血尿は確認していません。
プーモルミーのトイレはトイレ砂なので血尿がわかりにくく、
知らない時にしている可能性もありますが・・・。


CA390875.JPG

暑い日が続き、干物のようなお姿で寛いでます。(ここは残飯小屋です)
去年同様大量にお水を飲みお腹を軽く叩くとポヨンポヨンしている時があります。
お水を飲んだ後は口まわりがびしょ濡れのまま牧草を食べるので、牧草がみんな湿ります(-_-)
大量に水を飲めば当然大量のオシッコも出るわけで、トイレは湿った砂ですぐいっぱいです。
プーモルミー専用の扇風機もフル稼働。

相変わらず毛は伸びませんがお尻に1本だけめちゃくちゃ長い毛があります。
シェルティの意地でしょうか・・・((o(≧▽≦)o))

CA390876.JPG



ニックネーム 千葉モル at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする