2008年03月02日

モル探し 3

昨日家に帰ってからネットでまたお店をピックアップ。
実店舗にはHPよりもモルがたくさんいるなどどいう
自分勝手な思い込みを見事に打ち砕かれたので
今度はお店に電話をしてモル状況を聞いた。
普通の人にとってはこの手順は当たり前なのだろうが
私は行く前にお店に電話して聞くことなんてないので
(何か私凄く綿密!)
なんて自画自賛(- _ -;)

んで、今日は2店見に行く事にした。
そのうちの●店には私が欲しいテッセル♂がいると言うではないか!
そして■店にはやはり私が欲しいシェルティの♀がいる!!
私の期待はパンパンに膨らんで今にも浮かびそうなくらいだ。

あれほど焦らないでゆっくり捜すと言っておきながら
我慢できない自分がいる。
今までの私なら面倒な半端に遠い距離の店。
電車を3本も乗り換えるなんて考えられない?!
でも行くのだ!!!

●店に電話した時お店の人の対応がとっても良くて
もー本命になっちゃっている。買う気になっちゃっている。
■店の子はHPに画像が載っていたので実物を見てから
どうするか決めようと思っている。
まずは■店に行き、♀を見てから●店に行き本命♂を見る。

■店。
HPの画像よりも色は濃い目だったが大人しい(^−^)
女の子はおしとやかじゃなくっちゃね(* ^ー゚) b
店員さんがその子を出して抱っこさせくれた。
ケージから出す時も逃げなかった。
私が抱っこしてもジーッとしている。
(フリーズしてんのかな?)
想像以上にお毛々が柔らかくて気持ちいい♪


「かわいいですね」

「かわいい・・・(´∀`*)」

「本当に。かわいいっ!」


かわいいしか言えなかった。

・・・・・・・・。

しかし●店には大本命がいるんだ・・・。

仕方なくかわいい♀を店員さんに返し

「数時間考えます。2時間後くらいにまた来ます。」
と言って後ろ髪引かれながら■店を後にした。

●店。
「昨日電話した者ですぅ〜」と言うと
モルケージに案内してくれた(小さな店なんだけどね)。

いた。3匹。
ペルビアン1匹とテッセル2匹。
でも、大きい・・・。
同じケージに♂が3匹。
小さな餌いれに入っている牧草を3匹が・・・
お互いを押しのけながらむさぼっている・・・。
お毛々もテッセルと言うにはちょいとお粗末な感じ。
私がケージの前でジーッと見ていると

「その子達は4ヶ月でねー
みんな人馴れしてる方だと思うよー
オランダ産なんだけどさー
輸入ものはあてにならないからねー
怪しいよねー
恐らく1代で終わりだろうねー」

と説明が入った(-_-)

オランダ産は・・・

輸入ものはアテにならない?!

・・・そうなんですか。
はじめに行ったお店の人と反対の事言ってます。

大きくて半端な毛並みで怪しいやつら。
普通なら「ありがとうございました」と帰るんだけど
どうしてもテッセルって品種が捨てきれない自分。
1匹は3色ぶちでハンサム!ただお毛々はティディみたい。
もう1匹は茶白のダッチ模様?で顔はぶちには劣るがお毛々
は半端ながらテッセルっぽい部分がある・・・。
第一印象は後者のダッチ♂。

しばらくやつらの行動を見ながら考えていた。
何を考えてるんだ?!
買うか帰るか買うか買うか帰るか・・・

買います!(=^▽^=)

怪しくて大きなテッセル。
でも・・・この怪しいやつが大人になったら
どんな子になるのか無性に見たくて。。。
動機がちょっと不純なんですけどお迎えする事にしました。
まー純粋なテッセルじゃなかったとしても
オヒゲが縮れてるので「縮れ遺伝子」はあるって事で。

さて。
♂が決まっちゃいました。
単色希望だったのにねー(´Д`;)
でも、こんなもんだと思います。
実物見ると理想なんて忘れちゃうんですよね・・・。

さあ。
あのおとなしくてかわいい♀どうしよう。
■店への分岐点まで電車に揺られながら
ずーっと考えました。

本当は♂がもう手元にいるので早く家に帰って
休ませてあげるのが一番なんですけど。
あぁ・・・忘れられないあの♀。

結構移動で疲れていたんだけど
また戻りました。■店に・・・。

そしてあっという間に2匹のモルが決定です。

♀モルは今日は連れて帰れないので来週お迎えに行きます♪

ニックネーム 千葉モル at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | モルがウチに来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

モル探し 2

今日は2件のペットショップに行く計画を立てた。
いつまでもネットで画像を見ていても始まらないわけで。
まずは実物を見てイメージをより膨らませなきゃね。

だんなさんに車で連れて行ってもらう事になった。
(あくまでもついでで・・・)
なので2件のうち1件はルートから外れているため却下。

大きなペットショップでHPにはモルもいると書かれていた。
きっと数匹は見られるのではないかと言う勝手な期待に
ない胸を膨らませて向かった。

小動物コーナーはこじんまりしていた。
ケージを端から覗くがモルの姿は見当たらない。
「モルがいなーい!」と言いながら私がうろついている間に
だんなさんが店員に聞いたらしい。
「そこの辺りにいるって〜」
指差された方へ駆け寄るとそこにいたのは・・・

スキニーギニアピッグ

1匹・・・・・・これだけですかぁ・・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

モルってマイナーなんだなと実感。
がっくりしながらホムセンに連れて行ってもらう。
寒い時期は衣装ケース、湿度が高い時期〜夏は
サークルで育てようと思っているのでまずは衣装ケース。
ついでに(当然)そこのペット売り場も見る。

いた。
イングリッシュが1匹。
でも・・・ひまわりの種が餌箱に入っているんですけど。
すのこをがりがりかじっている。
隣のケージのウサギもがりがりかじっている。
ちとかわいそうな環境です・・・。

衣装ケースのサイズでだんなさんと意見が分かれた。
私は奥行きと高さのある大きいやつを買う予定でいたんだけど、
だんなさんはもっと小さいのでいいと言う。
結局中間のサイズを買うことになった。
作りがしっかりしている引き出し型のやつなので
2個買ったらお値段もそこそこした。

何故2個かって?
ゆくゆくはペアで買う予定だからです♪


ニックネーム 千葉モル at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | モルがウチに来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

モル探し 1

私の母は今入院中。
実家近くの病院にいる。
私は週中に実家に行きお見舞い。
実家には姉夫婦がいるが共働き。
義兄はお休みが不定期。

今日は実家から帰る日なんだけど
実はウチからそう遠くない所に小動物専門店があった。
なので今日はそのお店に行ってみることにした。
HPには数匹のモルが載っている。
(お店にはもっといるかも)
お決まりの自分勝手な期待を膨らませて
お店に向かった。

いたいた。
でも、HPに載っている以外のモルはいない。
やはりPCの画像と実物ではイメージが違う。
(実物見ないとわかんないもんだな〜)

小さくてかわいかったが私の理想モルではない。

ここのお店の人が言うには
本当にいいモルはオランダ産とか輸入物だと言う。
でもさ、モルを飼っている人のHPやブログを見ると
結構立派なロン毛モルとかよく見かけるんですけどね。
そういう人のモルはみんな輸入モルなのかな??

このお店にはスキニーギニアピッグもいて肌荒れしていた。
毛がないとデリケートだからお世話が大変なんだなと実感。
私には無理です。

ニックネーム 千葉モル at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | モルがウチに来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

癒しの小動物

フクロモモンガが永眠して少し経った。
悲しいけれどもうモモは戻ってこない。
アダルトに近い時に出会ったのでベタ馴れはしてくれなかったけど
私を認識し、余程の事がない限りは咬む事もなく耳の下や喉を撫でて
もらうのが好きだった。「撫でて!」とおねだりもするかわいいモモ。
10年も一緒に生活してきたからモモのいない日々は何かが足りない。

お毛々に覆われた小動物が恋しい・・・。
長年のうちに空気のような存在になっていたモモだけど
モモの存在が癒しになっていたんだな〜とつくづく実感した。
そう感じながらネットでいろいろなペットの写真を見て過ごした。
フクモモはあまり見る気になれない。モモが一番だからね(^−^)

モルモット。

子供の頃飼っていた。
中途半端な大きさで臆病でなかなか馴れなかった。
でも、全身お毛々のその姿は私のストライクゾーン。
唯一鼻の下が長いお顔がちょっと気になる。
また飼いたいと思っていたモルモット。

ネットでいろんなところのモル画像を見て数日過ごした。
悲しみと共に新しい感情が芽生えた。

モルモットが飼いたい。

スイッチが入った途端、頭の中がモル一色になった。
まずはお勉強。ぽっかり空いていた穴を埋めるかのように
一心にモルモットのサイトを走り回った。
私が飼っていた頃と比べるといろんな品種がいる!
そうなると理想のモルを描き始めた。

性別は女の子かな。
優雅な雰囲気の漂う毛の長いモルがいい。
シェルティかペルビアン。テッセルもいいなぁ。
毛色は1色の白かグレーかベージュ。
淡い色目でハッキリした模様がなければそれもよし。
モモの時は1匹で生涯独身でかわいそうだったから
今度は1度でいいから赤ちゃんを産ませてあげたいなぁ。
って事は男の子も捜さなきゃいけないじゃん。女の子は
生まれてから2〜6ヶ月の間に初産を済ませないとダメ
だっていう話だから、やはりはじめは男の子だな。

理想の子が見つかるまでは気長に待とう!
焦って決めちゃいけないよね!!

数日間は妄想の世界で過ごした。


ニックネーム 千葉モル at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | モルがウチに来るまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする