2012年01月11日

5日目 まだ名無し

新入り男子が来てから5日が経ちました。

朝、プーモルミーにおはようの挨拶をしてビタミンCをあげて両脇腹をナデナデ。
(ガス&糞が溜まらないようにやさしく刺激)
するとガサゴソと新入りハウスの方から音が聞こえる。
私達(飼い主とプーモルミー)を意識しているのか?自分も構って欲しいのか??
でもまだ急な動きにはダッシュで逃げます。。。

新入り君は餌場そばの隅とおねんねスペースの隅に8:2の割合でトイレしてます。
餌場そばの隅っこは半日でウンコとオシッコで汚れます(>_<)
オシッコの上にウンコなのでウン色が染みてペットシーツが茶色に( :゚Д゚)
初日、2日目はその恐ろしい色に「こいつ病気持ち!?」と焦ってしまいました。

プーモルミーもそうですがモルモットはごはんを食べながら用を足すんですねぇ。
糞尿がしたくなるとごはんの途中でちょいと(2、3歩)後ずさりして・・・って感じ。

これはちょうどおねんねスペースの排泄場にいるところ。
     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
CA392626.JPG

後に見えるストライプの布は電気敷き毛布。
プーモルミーに使っているのは140x85cm。すごく半端なサイズなんだけど
衣装ケースを包むにはちょうどいいサイズ。
新入り君のは188x130cm。すごく大きいサイズ(>_<)
これは新入り君をお迎えする日の午前中にホムセンで急いで買ったもの。
小さいサイズもあったんだけどプーモルミーのより20p程小さくて悩んだ末
「大は小を兼ねる」で大きいのにしたんだけどね(汗


CA392625.JPG


 テ ツ オ


どうよ?この顔でテツオ。

巻き毛の茶髪なのに・・・



旦那さんに名づけ親になってもらうんですけど
昨日再確認しても「テツオ」らしい(- _ -;)

何故旦那さんなのかというと・・・
モルぞうがいた頃、モルぞうを贔屓していたんですよー。
まぁ見た目も愛嬌があって性格も大人しかったからっていうのもあるんですが、
モルぞうが逝ってしまってから全然プーモルミーには無関心(>_<)
何でか尋ねたら「モルぞうは自分が名付け親だったからかわいい・・・」と。


 ( :゚Д゚)え!?


正直ビックリしたんですけど、旦那さんは自分の興味のある事以外には
見事に無関心なお方。動物にも無関心。
(なので自らモルを覗きに行く事はないんですよー)
でも年に何度か私が外泊する時、旦那さんにお世話をしてもらうので
少しでも感心や愛情を持ってほしいのですよー。
(勿論頼まれた時は私の細かい指示に従いちゃんとお世話してくれますよ)


新入り君、少しずつですが慣れてきたみたいです。
さっき頭と背中を撫でさせてくれました。
プーモルミーのシルキーな手触りと違ってゴワゴワしてます。
ゴワゴワなんだけどフワフワ!?あぁブラッシングしたいなぁ〜。



ニックネーム 千葉モル at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | モコぞう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

年下男子

1月5日、ふととあるペットショップ(ネット)を覗いてみた。
そこはかつてプーモルミーの後釜お婿さんを探しに行ったことがある
小動物専門のお店。ウチからも電車&徒歩で30分くらいの所。

そこに「里親募集」のメリノ父Xテッセル母の2歳のオスモルが載ってました。
三毛でとってもかわいい(*´ω`*)
・・・モルぞうを思い出しました。

モルぞうとプーモルミーを飼い始めたのは2008年ですが、この頃はまだ
テッセルは珍しくてなかなかいなかったけど、ここ数年で数も増えて
ネットの生体販売でも良く見かけるようになりました。

いまさらプーモルミーにお婿さんは必要ないけど、
お散歩友達がいたらいいかなー?と思いました。

本当ならメスがいいんだろうけど、同じケージで飼おうとは思っていないので
オスでもいいかな?と思いました。メスは出産経験のあるメスならいいけど
そうでないと婦人科系の病気のリスクも高いし(避妊すれば話は別ですが)。
そして2歳という年齢も悪くないと思いまして。ベビーだとプーモルミーと
歳が離れすぎてて良くない気がして。

いてもたってもいられなくなり6日ショップに見に行きました。
このショップにはモルがたくさんいます(^−^)
お目当ての三毛モルがいたのですが

( :゚Д゚)

デカイ。。。

ネットに載っていたのは1匹でしたがケージにはもう1匹兄弟がいました。
昼間で眠かったせいもあるかもしれませんが目付きがコワっ(>_<)
1匹は人間が近づくとビクッとしてすぐ逃げます。

う〜〜〜ん。
毛がフサフサしているから余計大きく見えちゃう。
小さめの猫みたい・・・。
ミニモルのプーモルミーを見慣れているせいもあり
「どうなんだろう!?」という気持ちにまりました。

その後店内のモルを舐めるように何度も見回し、店長さんと色々とお話させてもらい
こんがらがった脳内整理のため帰宅。帰宅途中色々なことを考えました。
その後もずーっと考えました。
病気になった時の治療費の事。
先住プーモルミーへの対応の仕方。
2モルが仲良く出来なかった時の事。
その他いろいろ・・・






CA392618.JPG

ふふふ。
1月7日縁あってお迎えしました(´∀`*)
新入り男子で名前はまだありません。
名前は旦那さんに付けてもらう予定なのですが、
昨日聞いたら
テツオかアフロ・・・・・・・・・・・・(;´Д`)
う〜〜〜もうひとひねりして欲しい・・・

あれれ?三毛じゃない!?

実はもう1匹気になっていたモルがいて・・・それがこいつなんです。
一番目立たない場所に置かれたケージにいました。
じっとしていて(寝てる?)私が近づいても逃げません。
毛並みがモルぞうによく似ています。
こいつもオスですが2011年4月6日生まれの9ヶ月。

お店のケージで寂しそうにしていたのが忘れられず。
話によると兄弟はお迎え先が決まり、1匹残っていた所にモルの
出産ラッシュが重なり、みんな小さなベビーを欲しがるため
気が付けば売れ残ってしまったそうです。
本来なら有り得ないはずなんだけど、運が悪かったと。。。
性格はおとなしくていい子だそうです。
(自分の店のモルを悪く言う人はいないと思いますが)

こいつ写真写りがいいです。

実物は醤油顔。
テッセルだけど顔まわりの毛が直毛だから鼻が尖って見えます。
里親募集の三毛モルやモルぞうと顔つきが違うのはそのせいですねー。
顔まわりのお毛々もくせ毛だとふんわりしてかわいいお顔になるんですが。
プーモルミーみたいにアイラインが黒くないので目も小さい(普通)。

長い事ショップにいたので多分ウチの環境に慣れるには
それなりに時間がかかると思います。
んで、ベビーじゃない分どこまで慣れるかも未定。
1週間くらいは餌やり&掃除以外は放置の予定。

ウチに来た直後はビビッて気配を感じるとダッシュで逃げてましたが、
昨日は牧草を入れているとそーっと近づいたり、チモシーの穂を差し出すと
食べたりしてます。ただ急に動いたりすると驚いて逃げます。
とりあえず糞もしてるしお水も飲み、牧草やペレットもちゃんと食べてます。
コタツを挟んでプーモルミーと新入りの衣装ケースを配置してます。
今の所プーモルミーは騒ぎ立てる事もありません。
(新入りの存在に気が付いてんのか?)

プーモルミーとの対面はまだまだ先。
プーモルミーは嫉妬深いので何をする時でも最初にプーモルミー。
せっかく4年かけて築いたプーモルミーとの信頼関係を崩さないように、
新入りとの生活を楽しいものにしていきたいと思います。





ニックネーム 千葉モル at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | モコぞう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

4歳のお誕生日

今を思うとプーモルミーが体調を崩したのは寒くなってから。
そしてプーモルミーが元気そうだったのでまだ大丈夫かな?と
冬仕様(暖房)にするのが遅かったのが原因かも知れません。
あぁ、ダメな飼い主です。
モルモットは環境変化に敏感でストレスや寒さ&高温多湿等で
体調を崩しやすくうっ滞になったりするそうです。
そして年齢的にも若い頃とはちと違うのかも・・・。
モルモットの年齢に関しては所説ありイマイチよくわかりませんが(- _ -;)

去年は手術、冬になってからは体調不良やら牧草が目に入ったりで通院。
今年は結石が見つかるなど一気に病院通いが多くなりましたが、
プーモルミーは1月8日に4歳のお誕生日を迎えました(*´ω`*)


CA392621.JPG

お誕生日のお祝い・・・
残念ながら飼い主は体調が悪く&父親のお墓参りで午前中から外出。
外出前後にチモシーの穂をいつもより多くあげました(^−^)
そう、これがお誕生日プレゼント♪

チモシー1番刈りだと穂が沢山入っているので穂だけ別にして
もったいぶっておやつとしてあげています。
だからプーモルミーにとってはご馳走なのだ( ̄ー ̄)

この先色々あると思うけどこれからもよろしくね!
アナタがうんと長生きできるように飼い主として
出来る事を精一杯させて頂きます(=^▽^=)


ニックネーム 千葉モル at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

結石-1

明けましておめでとうございます。

去年は病気や怪我などで病院通いをした年でした。
今年はもう大丈夫かと思っていたのですが・・・甘かった!?

去年の暮れにガスと糞詰まりを起こし飲み薬で自宅治療してました。
薬も飲み終わったしプーモルミーの調子も良さそう(^−^)
前のように呼吸の荒さもなく、牧草置き場でうずくまる事もなく
食事の時以外はベッドルーム(布で区切っているだけ)でちゃんと寝ています。
体重は800gを切るくらい。糞量は250〜300個程度。多い時は324個でした(゚Д゚;)

3日の夕方、牧草をむさぼっている時に突然飼い主によって拉致監禁され
大嫌いな病院で男2人(先生と助手)にいじくり回されるプーモルミー。
レントゲン室から「ピィィーー!キィィィィーー!!ピィィィーーーッ!!!」
という金切り声が聞こえてきます(>_<)

レントゲンを撮るのにエリザベスカラーを着けられたり、
台の上で押さえつけられたりするのでジタバタ暴れてるんだろうな・・・
かわいそうだけど堪えてね。

しばらくして結果を聞きに診察室へ。
先生が開口一番
「・・・新しく病気が見つかりました・・・」

えぇぇぇ!?( :゚Д゚)

ガス、糞詰まりは正常に戻っていましたが、膀胱に小さな結石がありました。
前回のレントゲン(2枚)ではお腹中心に撮ったので1枚は膀胱が撮れていなくて、
もう1枚は結石がほぼ骨に重なっていたので気が付かなかったみたいです。
先生は「すみません、気が付かなくて・・・」としきりに謝っていました。

結石自体は小さいそうなので、抗生剤と尿酸化剤の薬物治療。
尿酸化剤の錠剤は酸っぱいみたい。てこずりそうです・・・。

再診料 525円
レントゲン診断料 4725円
尿酸化剤 ウロアクトx7 368円
抗生剤 バイトリルHV液2.5%x5 1050円
調剤料 525円

合計 7192円ナリ

ううう・・・年明け早々またも諭吉が消えてゆく・・・・・。


CA392616.JPG

夜早速抗生剤をシリンジで飲ませ(嫌がりつつも飲んでくれた)、
尿酸化剤をそのまま差し出したけど無視されたので仕方なく砕いて
ふやかしたペレットに混ぜサラダ菜で巻いてあげてみたんだけど、
少し食べて異変に気付いたらしく尿酸化剤の混ざったペレットだけ残した(´Д`;)
しつこく鼻先に持っていっても警戒してベッドルームに逃げ帰るし。
最後の手段でたまにしかあげない大好きなにんじんを摩り下ろし
残ったペレットと混ぜスプーンの先にのせて差し出したらちょっと食べたけど
気に入らないみたいだったので、足元に置いておきました。
しばらくして様子を見に行ったらほぼ完食していたのでひと安心。
尿酸化剤とにんじん摩り下ろしって大丈夫かなぁ?

今月8日で4歳になるプーモルミー。
先生は「モルモットも長生きするようになったから、まだ年って事はないですよ」
と言うけれど、このままじゃ長生きできそうにないから今年は生活を見直して
長生きできるよう飼い主共々頑張らねば!!

結石にならないように気を付けていたんだけど、何がいけなかったのかなぁ?
アルファルファとか復活させたのがいけなかったのかなぁ。
沢山あげてたわけじゃないんだけど・・・。
とりあえずマメ科の食べ物はあげるのやめた(ガスがたまりやすい)し、
食生活も見直そう(^−^)

飼い主の心配をよそにプーモルミーは食欲旺盛&糞も立派!
まー、それでよしとするか(* ^ー゚) b



ニックネーム 千葉モル at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

ガスと糞詰まり

目に牧草が入ってから2週間。
毎日2回嫌がられながらも点眼を続けました。
この2週間、覗きにいくといつも牧草置き場にいます。
見ていない時はちゃんと小屋に入っているんだろうか??
まるで動かないまま食べてその場で用を足している感じ。
時々お水を飲みに動くくらいなのかなぁ。
心なしか呼吸が荒め。いよいよおかしい・・・
23日、目の再検査のついでにレントゲンを撮ってもらうべく病院へ。

目はきれいに治っていました(^−^)
そして先生にプーモルミーの様子を伝えました。

・寒いはずなのにヒーターのある小屋に入らず牧草置き場にいる
・殆ど動いていないような感じ
・食欲はある

「食欲もあるのならもう少し様子を見ては?」と言っていた先生ですが
私がどうしても気になる!と言ったのでレントゲンを撮ることに。

結果は うっ滞、消化器系の機能低下。
プーモルミーのお腹は異常に溜まったガスと詰まり気味の糞でパンパンで、
そのせいで心臓と肺が上に押しやられていました。
「レントゲンを撮ってよかったですね」
「相当呼吸も苦しかったはずだよ」
「普通ここまでガスが溜まっていると食欲がなくなるんだけど・・・」
との事。

子宮平滑筋腫の時も「いまだかつてあんなに大きな筋腫見たことない」と
先生を驚かせたけど、今回も「異常なガスの溜まり方」で驚いていました。
(裏を返せば飼い主が気が付くのが遅いって事・・・・)

11月に入ってから具合が悪い時があったのでもしかしたらあの時から
徐々にガスが溜まり糞も詰まっていたのかも知れません。

消化が良くなる薬を1日2回2週間分もらいました。
年明け早々に再診予定。

再診料 525円
眼科検査料 1050円
レントゲン診断料 4725円
調剤料 525円
消化性潰瘍用剤 シメチジン200mg錠x2 210円
消化管運動改善剤 プロナミド5mgx4 420円

合計 7455円ナリ


薬は1回5ccでシリンジであげます。
モルぞうはシリンジ薬は大好き?で喜んで飲んでくれましたが
(ただシリンジの先をガシガシして噛み砕いた事もあります)
プーモルミーはシリンジ薬が大嫌い・・・(- _ -;)
大暴れして大変です。
前回まではペレットを砕いてそこに混ぜて騙しながらあげていましたが
今回は強制的にあげています。3日目にしてちょっとだけ抵抗が減った
感じではありますが、相変わらずジタバタしてます。

お家も病院小屋へ変更。
病院小屋といっても衣装ケースなんですが。

CA392610.JPG

部屋にエアコンがなく暖房器具はコタツだけ。
衣装ケースの左側にはコタツ、衣装ケースの左側以外は電気敷き毛布で囲っています。
こういう時洗濯ばさみが役に立ちますねー(*^∀^*)
見た目は悪いけどこれで今までより暖かく過ごせます。
コタツか電気敷き毛布、どちらかをずっと点けっ放しというのは
ちょっと不安なので、昼間と夜間でコタツと敷き毛布を使い分けます。
コタツだと1方向からのみの暖かさですが敷き毛布よりパワーがあります。
敷き毛布は衣装ケースの下に敷けるので全体が何となく暖まります。
昼間は敷き毛布、夜はコタツで試してみます。

牧草置き場で過ごしてた時は寒かったんだろうなぁ・・・、ごめんねプーモルミー。
(この時は夜電気敷き毛布を上に被せていましたが今ほど暖かくなかったと思います)
よく風邪引かなかったなぁ。

CA392613.JPG
↑  ↑  ↑  ↑  ↑
カモフラ柄のフリースの奥がプーモルミーの個室?
何かにもぐって身を隠したいらしく、ペットシーツを掘り起こして
中にもぐっていたのでフリースの上を留めて下からくぐれるように
してみました。気に入ってくれたようでシーツ掘り起しはしなくなりました。


CA392612.JPG
↑  ↑  ↑  ↑  ↑
すっかり治った左目(^−^)
相変わらず食欲旺盛なプーモルミー。
薬も飲み始めたし、牧草も当分チモシー3番刈りスーパーソフトと
バミューダヘイのみにする予定です。
実は上記の2種が主食の牧草なので、ちょっと栄養がない感じなので
それを補う意味で、ペレットとアルファルファをおやつ程度にあげていたんですが
マメ科の牧草はガスが溜まりやすいそうなので(ネット情報)アルファルファ
は当分やめようと思っています。そういえば病院に連れて行く少し前に、
豆苗(確か)という野菜を買ってプーモルミーにあげていました。
これもマメ科なのでガスが溜まりやすかったのかも・・・。

いつも買っている牧草のお店でおまけでもらった
スパープレミアムチモシー1番刈り。硬い牧草は嫌いなので
葉と穂だけあげてみたら喜んで食べるので今日頼みました。
1番刈りの方が栄養価が高いからね(* ^ー゚) b
恐らく茎は全て食べ残すと思いますが・・・・・

25日 フン254個

   子供の頃のフン量の多めの時と同じくらいの個数です。
   プーモルミーは最多で309フンをひねり出しています!
   大人になってからは数えていなかったけどしばらくは
   フンの数を数えてみようと思います(*´ω`*) クサッ。







ニックネーム 千葉モル at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

左目に牧草が(゚Д゚;)

今年はプーモルミーは厄年だったのか!?病気や怪我が多い年。
実は12月9日の夜、様子を見に行くと左目に牧草が入ってました(゚Д゚;)
本人はそのまま黙々と牧草を食べているんです・・・。

目から出ていた牧草は葉の部分。
速攻つかまえて牧草をそっと取りました。
目の中に入っていた部分は8mmくらいかな。
もう・・・見るからに痛そうで(T_T)
お行儀が悪くなったプーモルミーはよく牧草の中に顔を突っ込んで食べます。
その時に目に入ってしまったのかも知れません。
普段から目に牧草が当たりそうなのに目をつぶらないままでいるので
モルモットは目が悪いのかな?もしくはプーモルミーは目が悪いのか??
と常々思っていたんですけどね・・・。
しばらくすると左目だけ半分くらい閉じて痛そう(>_<)

翌朝近所の病院に連れて行き検査してもらいました。
検査薬を点眼すると、傷ついている場合は緑色になります。

CA392588.JPG


珍しい瞳のモルモット!!じゃなくて・・・・・・・。
牧草の入っていた左目はご覧の通り緑色。
反対側の右目は変化なし(傷なし)でした。
深くないけれどやはり傷ついているそうで、
白目も充血していました。
このまま放っておくと気になって目を爪で掻いたりして
傷つける恐れがあるので3種類の目薬を2週間1日2回つける事になりました。

再診料 525円
眼科検査料 1050円
点眼薬 ムコゾーム点眼x1 840円
点眼薬 ゲンタロールx1 1050円
点眼薬 ヒアレインミニx7 735円

合計 4200円

ムコゾーム点眼 目の炎症をやわらげ、傷の治りを助ける
ゲンタロール 抗生物質の外用薬で、細菌による感染症の治療薬
ヒアレインミニ 角膜上皮の創傷の治癒を促進(防腐剤なし)

ムコゾーム、ゲンタロールを点眼後5分以上経ってからヒアレインを点眼。
これが意外と大変。プーモルミーは抱っこが好きじゃないけど、ケージに戻して
また5分後に・・・というのも大変(嫌がって小屋に逃げ込むと出すのが大変)。
仕方なくイヤイヤ鳴きするプーモルミーをナデナデしながら過ごします。
ナデナデするとよくおならをします(*´ω`*)
本人はおならがお腹の中を移動するのが気持ち悪いのかおならが出るまでの間、
よく鳴いてます・・・。時々糞も一緒に出します・・・・・・・・・・・


CA392589.JPG


ヒアレインは防腐剤が入っていないので冷蔵保存。ついでなので3つ一緒に冷蔵庫。
そのため目薬は点眼前に冷蔵庫から出して常温に戻さなきゃなりません。
キンキンに冷えた目薬をさされると人間だって嫌だもんねぇ。

困った事に目薬をさす瞬間私の手に鼻ツンをするようになり、そのせいで
目薬の先がプーモルミーの目にあたりそうになります(汗
おまけにモルモットは出目なので位置を気にしつつ狙いを定めて点眼しないと
うまくさせません(- _ -;)
鼻ツンのせいで手元が狂って何度もやり直すことがあります。
本人にとっちゃ唯一の抵抗なんだろうけど。。。

今週の土曜日で2週間になるのでちゃんと治ったかどうか病院に連れて行こうかな。
ついでに気になる事もあるのでレントゲンとかとってもらおうかなぁ。
最近またペットヒーターのある小屋に入らずに、外にいることが多いんだよね。
牧草置き場にまん丸になって寝ていたりします。
エアコンとかないから小屋の外は寒いのにぃ・・・。
風邪引いちゃいそうで心配。
なんでわざわざ外にいるんだろう??

前飼っていたフクロモモンガのモモも冬場何故か小屋の外で丸まって寝ていた事があって
その後体調が悪そうなので病院で診てもらったら高齢による心臓肥大になってました。

そんな事があったので、プーモルミーももしかしたら内臓がどこか悪いのかも?
と思ってしまいます。プーモルミーはまだ3歳と11ヶ月。
高齢というには早い年齢だけどこの寒さの中わざわざ外にいるっていうのが変。
鼻水とかは出ていないし食欲もあるんだけどね。

今日は普段より多めにストーキングして様子を見ています。


ニックネーム 千葉モル at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

11月に入って元気なくなる

久しぶりの更新です・・・。

プーモルミーは蒸し暑い猛暑を自分のオシッコ跡に腹ばいになり
涼をとるという賢くて汚い技を駆使して乗り越え、見事に純白の腹毛を
黄金色に染めましたヽ(´ー`)ノヽ(;´Д`)ノ

秋の日替わりの暑さ寒さも乗り越えました。
モリモリと牧草を食べ、気に入らない牧草は前足でほじくり返し
後に撒き散らし踏みつけ、その上に糞尿三昧・・・
とってもワイルドなメスモルになりました。

牧草の好みが変わり&わがままになりチモシー3番刈りスーパーソフトより
バミューダヘイばかり食べるようになりました。
オーツヘイは相変わらず大好き。むさぼるように食いつきます。
牧草の山に頭を突っ込みフガフガいいながら食べます(- _ -;)
時々牧草を頭に乗せたまま私の方へ歩み寄り、おどけた姿で私の気を引き
そしてあのかわいらしい口元を見せて悩殺!!
「美味しい葉っぱをちょうだい♪」
とおねだり上手にもなりました。


CA392404.JPG


でも・・・
11月に入り気温も下がり始めると小屋に入ってじっとしている事が多くなり、
なんだか元気がない感じです。いつもは朝行くと必ず小屋から出てくるのに
全然出てきません。いくら呼んでも出てこない・・・。
牧草の減り具合も少なくなった様な気が・・・。
(蹴散らかす量も半端ないので微妙ですが)
夜中こっそり覗きにいくと時々牧草の中で寝ていたりします。
そして一番気になったのが糞の量と質。
量は少なく糞が小さい!
こんな状態が5日間ほど続いたので病院に連れて行きました。

体重 800g(ちょっと減った)
糞の検査は異常なし。
歯も異常なし。
触診でも異常なし。
検温はプーモルミーが断固拒否したので測れず。
食欲が出る薬を1週間飲んでそれでも改善されない場合は血液検査など
ちょっと本格的な検査をするという事になりました。

再診料 525円
調剤料 525円
消化管運動改善剤 プリンペランシロップ0.1%x7 368円
消化性潰瘍用剤 シメチジン200mg錠x1 105円
抗ヒスタミン剤 ぺリアクチン4mgx2 210円
消化管運動改善剤 プロナミド5mgx4 420円
糞便検査・直接法 525円

合計 2677円


1日2回0.5mlずつあげます。モルぞうと違いプーモルミーは嫌がってダメ(´Д`;)
そこでペレットをすり潰したのに混ぜてあげました。
プーモルミーはペレットが好きなので困った時にこれは有効な手段(* ^ー゚) b
普段はあまりあげてないから大喜びです。
薬は速攻で効きはじめむさぼるように牧草を食べ始めました。
ただ、秋口から増量していたオーツヘイをあげるのやめてみました。
(消化が遅いらしいので)
翌日には立派な糞に戻り食欲も元通り。元気もありおねだりもします。
薬は2日間だけあげてやめました。

その後はいつものプーモルミー(^−^)

一体なんだったんだろう?

現在の牧草の割合は・・・
バミューダヘイ 50%
チモシー3番刈りスーパーソフト 35%
オーツヘイ 10%
北海道産チモシー2番刈り 5%

ちなみに北海道産チモシーは全然食べてくれなかった在庫牧草で、捨てるのが
もったいないので寒さ対策(効果は薄そう)に小屋の中に入れてます。
前は全然食べなかったくせに小屋中でせっせと食べているみたい。

オーツヘイは今までおやつ程度にしかあげていなかったんだけど、
喜んで食べるのでだんだんあげる量が多くなってしまっていたので
半分以下に減らしました。

バミューダヘイは敷き牧草の代表なんだけど、こういう細い牧草が好きらしい。
今はこれがないと鳴き叫びますι(´Д`υ)
一時期はチモシー3番刈りスーパーソフトが一番!だったのに。
ホント、モルモットは突然牧草の好みが変わるよねぇ。。。


ニックネーム 千葉モル at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

お風呂

お久しぶりの更新です。

急に秋になりましたね。
風も涼しくなり湿度も低くなりました。
今までみたいな季節の移り変わりはもう味わえないんですかね。

少し前、まだ残暑の時にお風呂に入れました。
蒸し暑い夏の間、プーモルミーはよくペットシーツのオシッコをした部分に
腹ばいになって涼をとっていました(;´Д`)
悪い癖です・・・。
でもある意味頭いいですよねー。

お陰でお腹の真っ白い毛が黄色になってしまいました。
抱っこするたびに私のTシャツがプーシッコ臭くなります。
そこでこの夏2回目のお風呂(^−^)

CA392393.JPG

プーモルミーは内弁慶なので城の敷地から出ると大人しいです。
あまりお湯をたくさんにすると焦ってジタバタするので洗う時は少なめ。
(時々入浴中に糞尿を垂れ流します・・・)


CA392394.JPG

汚れたお腹中心にシャンプー。
ちょっと不安げな表情がカワイイ・・・
お風呂の時はお腹や喉を触っても大丈夫!
普段触ろうものなら前歯アタックで流血です(>_<)

お風呂上りはタオルドライ。
プーモルミーはドライヤーが嫌いなのでタオルでゴシゴシ。
その後しばらくはタオルで包んで抱っこ。そして段ボール箱に入れ
美味しい生野菜をあげてご機嫌を取りつつ監視しながら自然乾燥。
お腹以外が乾いたら小屋に戻します。

夏以外は基本お風呂には入れません。
その代り毎日ブラッシング。
プーモルミーはブラッシングは嫌いじゃないらしく
食事中にブラッシングしても気にならない様子。


最近はメイン牧草のチモシー3番刈りスーパーソフトを残し
バミューダヘイばかり食べています。
そして1日1〜2回生野菜(豪華おやつ)を催促するようになりました。
ピーともキーともつかない壊れたサイレンのような金切り声で鳴き叫びます。
やはり生野菜は美味しいんですね。。。



ニックネーム 千葉モル at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

最近の様子

だいぶご無沙汰ですm( _ _ )m

季節は梅雨。そして高温多湿の日が多かったりします。
夏を前に千葉でも34℃とか猛暑日があったりして
飼い主は既に半分腐ってるかも・・・。

プーモルミーもこの高温多湿にはバテ気味なのか、
寝床(ハードキャリー)の中で横たわってます。
なのでペットボトルにお水を入れて凍らせたエコな冷房を小屋に投入したんだけど
突然自分のテリトリーに得体の知れないものが来たから警戒して近寄らない・・・。
とりあえずタオルに包んでハードキャリーの上に置いてます。
天井が冷えるのでまぁ、キャリーの中も少しは涼しいはず。
ただ、キャリー中の天井に水滴がつくので時々チェック。
去年とお家のレイアウトが変わっているので丁度いいボトル置き場がない(汗

病気以降、生野菜をあげるのが習慣になりまして、
乾燥パセリが好きだったので生パセリを(^−^)

CA392298.JPG

初めてあげた時は、臭いがキツイからかにおいを

クン ク・・・( :゚Д゚)

嗅いだ瞬間驚いた顔で後に飛び退いた。
でもパセリが気になるらしく、パセリに近づいてにおいを嗅いでは

( :゚Д゚)

驚いた顔で後ずさりし、頭を上下に振りながらまた近づいては後ずさり・・・。
とっても不思議な行動をしばらく繰り返していました。
そしてやっとパセリを口に入れたのですが・・・

( :゚Д゚)

今度は一口噛んでフリーズ。
何か苦いものでも噛んだようなブサイクな顔。
でも結局好きみたいで、最終的にはモシャモシャ食べました。

初生パセリは食べるまでに時間がかかりましたが、
プーモルミーの動作と顔が面白くて楽しませてもらいました(*´ω`*)


CA392299.JPG

携帯カメラなのでピンが甘くシャッター遅いのでプーモルミーが近づいてしまい、
なかなかベストショットが撮れません(>_<)
動くものを撮るのって難しいなぁ。




ニックネーム 千葉モル at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

右腹部にしこり 手術から16日目

手術から2週間以上経ちました。
だいぶ前の事のような気がします。
一時期はどうなるんだろうと心配の毎日でしたが、
縫合部分もようやくくっ付いて安心です。
途中プーモルミーには辛い時期もありましたが
おかげさまで今は普通の生活に戻っています。

プーモルミーの体重
4月26日 834g
4月27日 839g
4月28日 850g

CA392272.JPG

少しずつ増えています(^−^)
手術前は950gありました(腫瘍のせいで体重が増えてた?)。
で・・でもその前は全然体重量っていなかったので・・・
プーモルミーの通常の体重がいくつなのかわかりませんm( _ _ )m

お腹の縫合部分は縫い直しをしていない所は傷もきれいになってきています。
一番下の糸以外はもうなくなりました(溶ける糸なので)。
パックリ開いちゃった所はまだ皮膚が盛り上がっていて糸も残ってます。
この部分は少し傷跡が残るのかな〜という気がします。
キズモノになっちゃってもうお嫁にいけないじゃない。゚(゚´Д`゚)゚。
っつーか、もう遅い。嫁に行くには遅すぎて無理。
モルモットって早熟すぎ・・・・・・・

カラーで腫れて擦れた喉元はほぼ治りました。
あとは見事にはげた喉元の毛が生えてくれればいいのですが。

CA392269.JPG

長かった衣装ケースの生活も終わり(^−^)
これはこれで移動が楽チンで良かったなぁ。
もう、いつもの小屋での生活です。
少しレイアウトを変えハードキャリーを寝床にしました。
プーモルミーもすっかりキャリーに慣れて居心地良さそう。
今までの寝床に比べたら大きいし暗いし。
お食事処もオープンにしてみましたが、オープンすぎると
牧草の中でおしっこをしてしまうので微妙に調整中。

今日は青梗菜とパセリを買ってきました。
青梗菜は人間用なんですが、プーモルミーにもあげられるし。
もともとおやつで乾燥パセリをあげています。
これは小さい頃から大好きで、他のおやつの好みが変わっても
パセリだけはいつも食べてくれています。
今回手術してちょっとプーモルミーに甘くなった飼い主。
あまりあげていなかった生野菜も手術後は頻繁にあげています。
ただあげる量は微々たるものですけどねー( ̄ー ̄)
あくまでも生野菜は「贅沢なおやつ」の位置づけ。

午前中、生パセリを小さくちぎって差し出したら、
クンクンクンクンとしつこくにおいをかいだ後
そっと口に入れたんですがその直後に驚いて後ずさり( ・ω・)
目を真ん丸くして、小刻みに頷いて前足もタンタンして落ち着かない様子。
その仕草に思わず「え?毒でも??」と心配しました。
でも間もなく恐る恐る近づいてきたので、再度パセリを差し出すと
顔を引っ込めたり出したりしながらちょこっと食べました。
その後はビクつきながらもモリモリ食べました。
香りが強いしクセがあるから驚いたのかな??


プーモルミーを心配してくださり、また励ましてくださった皆様
本当にどうもありがとうございました。
おかげさまでプーモルミーは無事手術して元気になれました。
初めての事で次々と不安になった飼い主を助けていただき
本当にありがとうございました。

全然更新していなかったブログですが、
これからはマイペースで続けていこうと思います。

ニックネーム 千葉モル at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする