2008年12月31日

元気です

081231_0956~0001.jpg

久しぶりの更新です。
プーモルミーは元気です(^−^)
毎日牧草をたくさん食べています。
スーパープレミアムの1番刈りだと硬い茎が多く殆ど残してしまいます。
そのため半分位が廃棄処分となり無駄が多すぎるので、2番刈りのソフト
タイプがメインになりました・・・(-_-)
相変わらず自爆行為とは思いつつ4種類のブレンド牧草です。
おかげで食いつきが良くなり、今までより食べる量が格段に増えました。
(冬だからなのかな??)

先週の体重測定では850g。
抱っこすると今までよりも重いんですよね。
毛は相変わらず短いままですが。

来月の8日でプーモルミーは1歳になります。
早いような短いような感じです。

近頃アイラインの色が濃くなってきたみたいで
前よりも目がパッチリしてかわいくなりました♪

気の強いのは相変わらずで、残飯小屋に移動させないまま
トイレのフンを拾っているとテリトリーを荒らされているのが
気に入らないらしく、早くどけとブツブツ文句を言いながら下の寝床で
ウロウロ&イライラしながら私の手がどくのを待っています。

このブログも全然更新しなくなってしまいました。
悲しい事ばかりの1年でブログを続ける気力がなくなってしまいました。
来年はこの気持ちを引きずらずに、気持ちを入れ替えて生きていこうと
思っています。

これからも皆さんのところにはこっそりお邪魔する事になると思いますが、
私のブログは今年いっぱいで休止させていただきます。
ブログのおかげでモルモットについて色々勉強させてもらうことができ、
またモル飼いさんと知り合う事もできてとても感謝しています。
でも、ブログは更新しないと意味がないですからね(^−^;)

今まで本当にどうもありがとうございました。

千葉モル

ニックネーム 千葉モル at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

母 永眠

11月25日午前零時過ぎ姉と二人で
腎臓に効く足ツボをネットで見ていた時
姉の携帯が鳴りました

「嫌だ・・・」

何ともいえない声でそう言った姉は
携帯を持ったまま小さく深呼吸しました

「あぶないからすぐ来てください」って

すぐに着替えて義兄の運転する車で病院へ向かいました

カーテンを閉められた母のベットだけ照明で明るかった
カーテンを開けると酸素マスクをしているのに
呼吸をしていない母がいました

3時間前まで上下の波形を示していた傍らの機械は
もう直線しか示していませんでした

「お母さん!お母さんっ!!」

両肩をゆさぶっても頬を叩いても
母は目をつぶったままでした

大声で泣きました
姉にしがみついて泣きました

「ではこれからお体をきれいにいたします
大体1時間ほどかかりますので待合室でお待ち下さい
葬儀社はお決まりですか?お決まりでしたらこの間に
ご連絡して来てもらってください お決まりでなければ
こちらの方で・・・」
病院にとってはもう数え切れないくらい経験している場面
亡くなった患者に対してしなければいけない処置と家族への話
私たちにとってはたった一人の大切な家族の死の悲しみ
病院で身内が亡くなると家族はふたつの現実に直面しなければ
ならないんだと痛感しました

姉夫婦が葬儀社への連絡や親戚への連絡をしている間
私は放心状態で薄暗い待合室の椅子に座り親しい友達へ
メールしていました

処置が済み葬儀屋が来るまで病室で待つ事になり
訃報を聞き気が動転してしまった母の妹と電話中の姉をおいて
先に私と義兄が病室に戻りカーテンを開けると
そこには白い布を顔に乗せた母がいました
私はそっとその布を取りました

「お母さんかわいい・・・」

私と義兄は同じ言葉を同時に口にしていました

暖色のあたたかい光色に映し出され
白装束に着替え薄化粧をしてもらった母の顔は
全てから解き放たれ安らかで清らかで
本当にかわいらしくてきれいな顔でした
悲しいはずなのに母を見て感動し気持ちが落ち着いてゆきました

人はこの世での人生を終えた瞬間
新しく生まれ変わるのだと思いました

母は亡くなるまでの2週間頑張りました
13日の夜中に急変してから1週間で少しずつ回復の兆しが見えてきました
看護師さんにも「お母さん頑張ってるね」「だいぶ良くなってきたね」
と言ってもらい少し安心して21日に千葉へ帰ったのですが
23日に血圧が下がりはじめ夕方姉からの連絡で
また新幹線で病院へ向かう事になりました
再会した母は呼吸も苦しそうで目も見開き眼球も動いていますが
それはもう脳の痙攣で動いているだけでした
尿も殆ど出ていないので腎臓が機能していません
意識がないのにここまで苦しみに耐えている母を目の前にして
もう楽になって欲しいという気持ちと
まだ生きていて欲しいという気持ちがありました
後者は娘のわがままです
母は娘のわがままに応えてくれたのか
24日も悪い数値ながら頑張ってくれました
その時私は(もしかしたらまた頑張ってくれるかも知れない)
と思いさらなる娘のわがままを抱いてしまいました
その3時間後に母は全てから開放されたのでした

先日実家に行き母の骨壷から人工関節を取り出しました
両膝を手術したので義兄と私で形見としてもらいました
その時小さな骨と歯をひとつもらい
母の骨をほんの少し食べました

「母が亡くなったら母の骨を食べる」

それはずっとずっと心に決めていた事です


ニックネーム 千葉モル at 14:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 飼い主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

近況

気が付けば1ヶ月近く更新していませんでした・・・。
閉鎖したわけではありませんのでお許しくださいませ。

プーモルミーは元気です(^▽^)
プチながら先週の体重測定では790gまで増えました!!
もしかしたらもう800gになっているかも知れません。
夏が終わり気温も下がってきたせいかお水を飲む量が減ってきました。
それに伴いおしっこの回数も減りトイレ砂がおしっこで一面湿る事も
なくなりました。
食欲も出て牧草をモリモリ食べ、美味しい部分だけ食べ終わると
新しいのをくれと言わんばかりに網に手をかけ鼻先を網目から出し
私の方をジーッと見て、ブヒブヒ鳴きます。

夜の部屋散歩の時も相変わらず物凄い勢いで走っています。
しかしながら短距離で15往復ほどすると隅のトイレ場所で寛ぎ動きません。

いまだに抜け毛が凄くて寝床のニット帽やペットシーツがグレーになって
しまいます。抱っこして体を撫でると毛がフワフワと舞うので、今は抱くだけです。
それでも洋服に抜け毛が沢山付き、抱いた後は必ずガムテープで取ります。

毛は相変わらず短毛。お尻のあたりの毛がほんの少し長めですが・・・。

プーモルミーは元気なのですが・・・私の母の容態が悪くなり、
血圧が一気に下がり今は血圧を上げる薬を数値マックスで点滴しています。

姉から木曜の夜中に電話があり、病院から電話があったとの事。
危篤ではないのですが、自呼吸では十分酸素が取り込めなくなり、
心臓が弱ってきたせいで血圧が一気に下がってしまったようです。
寝れない夜でしたが朝少し眠くなったので寝たら、病院からの電話で
起こされました。先生の話を聞いて欲しいからすぐ来てくれというのですが、
千葉からだと急いでも着くのが午後になるというと困った様子(何故?)
ふと義兄の仕事が遅番だったのを思い出し、義兄に連絡して病院に
行ってもらうことにしました。私も急いで支度をし、横浜の病院へ。
母には心電図の機械が取り付けられ、点滴で顔がむくんでいました。
血圧は上が70台。血圧を上げる薬をMAX30投与していて70台って事は
薬が無かったら・・・。
ひとしきり泣きましたが母の顔をみて少し安心できました。
土曜日の午前中は85に上がっていたので、一度千葉に帰りました。
家事を済ませプーモルミーの牧草つくりをしなきゃと思っていたら
姉から「血圧が60台に下がっちゃった!早く来て!!」と連絡が。
千葉に戻って2時間半。また横浜に向かいます。
プーモルミーの牧草を作る暇が無く牧草が色々入った衣装ケースから
普段ブレンドしている牧草を3種類部屋に投げ出し(旦那さんにわかりやすいよう)
そのうちの1種類を開けて一掴みプーモルミーの小屋へ投げ入れ家を出ました。
最速で病院へ行くため東京から新横浜まで新幹線を使う事にしました。
しかし総武快速の東京駅は地下深くにあり、乗り換えにとても時間が掛かるため、
乗りたい新幹線に間に合わない可能性が。電車の中で色々と悩んでいたら
姉がメールで同じ新幹線でも品川乗換えの方が乗り換え時間が短いと教えてくれました。
新横浜からは待機していた義兄の車で病院へ。
幸い私が病院へ向かう途中で母の血圧が80台に戻っていましたが。

そんな感じでここ数日は心休まらない日々です。
危篤ではないのですが、何時どうなるかわからないと思います。
今は血圧を120くらいまで上げ薬の数値を下げる事が目標です。
母の容態がもう少し安定するまで実家に泊まります。

あまりに急な展開だったのでプーモルミーを連れてくる事が出来ず、
寂しい思いをさせていますがもう少し辛抱してね、プーモルミー。

旦那さんがきっと一生懸命お世話してくれていると思います。
ニックネーム 千葉モル at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼い主 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

妖しい電球 生後283日目

最近の女帝の王国の温度は20℃前後。
夜になると20℃を1〜2℃ほど下回る時もある。
一応モルモットの飼育に適した温度は18〜24℃(飼育本)。
ってことはまだ範囲内の温度なんだけど、私が寒いと感じる時は
やはり気になってしまうわけで。
でも、今からペットヒーターは入れたくない・・・。

高温多湿の夏を乗り越えたプーモルミー。
冬の寒さにも耐えられるようになるべくギリギリまで
暖房は入れたくないのだ。女帝は体も強靭に育てたい♪

しかし、少し心配なのである。
そう思い10月に入ってから小屋をダンボールで囲ってみました。
夜はダンボールの屋根を乗っけます。

そして1週間ほど前から夜には照明を点けその熱(超微熱?!)で
少しばかり暖をとっていただいております( ̄ー ̄)




この照明は何年も前に渋谷パルコで一目惚れして購入したもの♪
しかし実用性に欠け、一時期トイレの照明にしていたが旦那さんに
「場末のスナックみたいだから止めてくれ」と大不評だった。




赤い電球に乳白色の柔らかいゴムみたいな樹脂がくっついている。
何ともおどろおどろしい悪趣味?!とも言えるデザインなのですが
この不気味さが私のハートを一瞬にして射止めちゃったのです((o(≧▽≦)o))
明かりの色は写真上の様な赤。シルエットは写真下の方がわかりやすい(´∀`*)




一時期フクロモモンガを部屋に放す時にこの電球を使ったなぁ。
夜行性の動物は赤い光が見えないから普通の照明がついていると
出てこなかったフクモモもこの電球だと出てきてくれました(^−^)
一応モルも夜行性。これなら夜通し点けていても大丈夫であろう(* ^ー゚) b

あ・・・話が脱線してしまいましたが・・・
一番の目的は電球を点けていればその熱で少しは温かくなるのでは?!
と思ったからなのです。女帝プーモルミーもお気に召したご様子で、
ニューハウスに入らず電球の下で寛いでいます。



朝覗きに行くとこの状態でいる事も多く・・・外で夜明かし?!
そのせいかお尻周辺のペットシーツにはオシッコ跡があります・・・。
すっかり寝小便が普通になってしまったプーモルミーです(>_<)




私にぴったりの照明ね。情熱の赤!勝気の赤?
でも、さっきから写真撮ってるアナタがウザくて寛げないじゃない!
あ、それと、最近作ったダンボールの城壁・・・もう少し美しくしてくれないかしら?
いつも思うんだけど、アナタ(飼い主の事)ってやる事が中途半端なのよね。



夜な夜な王国(飼い主の部屋)は赤いあかりで怪しい雰囲気。
外から見ると・・・妖しい趣味の人に思われそうだなぁ・・・。


ニックネーム 千葉モル at 10:18| Comment(6) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

ニューハウス 生後280日目

最近何故かニット帽に入らない時がある。
気温が下がってきたのに何故だろう・・・?

そう言えば最近プーモルミーは順調に体重が増え始めたので
もしかしたらニット帽が小さくなってしまったのかも?!

ちょうど旦那さんが捨てると言っていたフリースがあったので
その袖を身頃から切り離し、アームホールに柔らかい針金を入れ
針金を包みながら縫ってみた。



入り口部分は広いんだけど、袖口に向かって確実に細くなってる・・・。
でも、これをニット帽と一緒に数日間入れておいたらいつも
このフリースハウスに入るようになったのでニット帽はお役御免。


うまく入れるといい感じで寛げます。



しかしながら入り口を踏み潰すと入り口がペチャンコになってしまい
なかなかうまく中に入れないらしく・・・入り口にあご乗せして
休憩している時もあります(-_-)
あまり針金を入れた意味がなかったみたい(>_<)


撮影はいいからもっとおやつちょうだい!



実は今朝ちょこっと牧草をあげた後ベランダで植物の世話をしていて
すっかりプーモルミーのことを忘れていて・・・。
ひと段落してリビングで一休みしていたら、

プィ〜・・・・

と鳴く声がしました( ; ゚Д゚)
急いでプーモルミーの元へ行くといつもは残すであろう牧草の硬い部分まで
ほぼ食べつくし、ご飯とお水がないから鳴いて知らせていたのでした。
わはは、ごめんねぇ〜〜♪




プチモルのプーモルミーですが昨日の体重測定ではなんと!!


745g ((o(≧▽≦)o))


もう9ヶ月になるんです。それからすると体重は軽いと思うんですが、プチなので。
どうやらプチだと毛の伸びもあまりよくないとか(´Д`;)
もしかしたらプーモルミーはプチゆえにイングリッティなのかも知れませんね。
相変わらずお尻は小さくて細長くナスみたいなお尻です。



ニックネーム 千葉モル at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

来たばかりの頃の写真

パソコンのファイルを見ていたら
モルぞうが来たばかりの頃の写真がありました。


CA390061a.JPG

まだウチに来てから2日目の時。小さいなぁ。

CA390062a.JPG

同じく2日目。携帯カメラのライトに警戒気味。

080307_0955~0006.jpg←5日目のモルぞう。斜頸だったのがよくわかります。

080312_0959~0002.jpg←10日目のモルぞう。大暴れ?!

080313_1154~0001.jpg←11日目のモルぞう。たくさんの牧草にご満悦。

PA0_0005.JPG

ボケ気味ですが、かわいい(´∀`*)
少し開いた口元がキュートです。
「ねぇ・・・」って言っていそうな感じがします。



まだ写真を見たりするとじんわり目頭が熱くなってきちゃいます。

モルぞうくん、君の嫁はやっと体重が690gになりました。
先週は700gだったんだけどちょっと減っちゃったよ。
でも、おかげさまで元気に毎日過ごしています。
ただ一人ぼっちでつまらなそうな時があるけど。

モルぞうが生きていたら10ヶ月。11月には1歳のお誕生日だったんだな。
きっときれいなお毛々のイケモルになっていただろうなぁ・・・。



ニックネーム 千葉モル at 14:43| Comment(6) | TrackBack(0) | モルぞう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

またあご乗せてた 264日目

最近この題名が多いプーモルミーです。
       が
おやつ入れの容器にあごを乗せています。
写真撮らなきゃ!(動かないでね・・・)



上から。ちょっと目が怖そうに写りましたが、寛いでいる様子です(^−^)



上正面から。ふふふ、口元の白いお毛々がキュートです♪



正面から。またまたかわいいお口が(*´д`*)萌〜〜〜



角度を変えて少し上から。ん?!真顔??ガン飛ばしてます(>_<)
こぶとり爺さんみたい・・・(- _ -;)・・・


オメー(←飼い主の事)ウぜーんだよ



すみませんm( _ _ )m



最近写真にチラッと写っている緑色のブツは鳥の餌いれです。
給水器の少し下に引っ掛けて水受けにしています。
プーモルミーもこれに前足をかけてお水を飲んでいます。
今使っている給水器、よく水が漏れるんです(>_<)
そしてプーモルミーがフガフガとお水を飲む時も
口元からよくお水が垂れています。

どちらにしても給水器からもモルからも水が垂れる訳で。

今は餌入れの上に給水器を設置しているんですが、
時々牧草ヤおやつの葉っぱが湿っぽい事があります。
多分プーモルミーがお水を飲んで口にしずくをぶら下げたまま
すぐに食べ始めたり、給水器の水が勢いよく出ている時に
はねたりしたお水が下の食器に落ちてしまっていると思われます。
給水器の位置を変えなきゃ。


ニックネーム 千葉モル at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

やたら鳴いた昨日 263日目

昨日は昼前から夕方まで出かけていました。
外出から戻り、玄関のドアを開けると

プィー!プィー!

とプーモルミーの鳴く声(゚Д゚ )
今までドアを開けた途端に鳴き出す事なんかなかったんですが。
どうしたんだろうと見に行くと、特に変わった様子はありません。
牧草もおやつもお水もある・・・。

その後も私がリビングにいると何度か

プィー!プィー!!

その後自室(プーモルミーのいる部屋)でビーズアクセ作りを。
一緒の空間にいれば変化があれば気が付くし、鳴かないかな?と。
しかし、私が一緒にいても時々鳴きます。
トイレとニット帽を行ったり来たりして、ご飯を食べるでもなく

プィー!プィー!

いつもは殆ど鳴く事がないプーモルミーなので驚きました。
昨夜は風が強く不気味な感じだったので(台風の前触れみたいな)
その雰囲気で鳴いているか、地震予知?!なんて思っていたんです。

夜中近くの室内散歩でも、プーモルミーを放ったらかして
小屋掃除をしていたら・・・

プィー!プィィー!

も・・・もしかして・・・


これって発情期!?


モルぞうがいる頃からプーモルミーの発情を見た事がありません。
実際♀モルの発情期の時を見た事がないのでどんな感じなのか
想像がつかないんですが、モルサイトかブログで♀の発情期時は
いつもよりもうるさい、お尻をスリスリする、発情鳴き?歌?を歌う
・・・と読んだような記憶が。

モルの飼育本には陰部が膨らみ、人間が背中に手を置いたりすると
背中を弓なりにするロードシスという行動をとると書いてあります。

背中を撫でるといつもお尻を突き出し気味にするし、
陰部もこれ膨らんでるのかなぁ?と感じる微妙な変化。
1匹飼いだとよくわからないですね。


内容とは関係ない写真ですが、滅多に見られない口元♪

080923_2213~0002.jpg
珍しくカメラのライトを向けても動かなかったのでチャンス!!
人間だと肝臓が悪そうな唇の色ですがこれが普通の色です(´∀`*)







ニックネーム 千葉モル at 10:10| Comment(4) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

面倒なトイレ 長所と短所

プーモルミーのトイレは食堂と兼用で大きめです。
夏になると水を飲む量も劇的に増え、それに伴いトイレの回数ももの凄い事に(´Д`;)
おかげでニット帽からお尻だけ出して寝小便(横着?!)をする事が増えました。
春まではトイレ以外の場所ですることは殆どなかったのですが・・・
仕方ないですね(^−^)

でも、一番トイレをする事が多いのは食事時(* ^ー゚) b
だから大きなトイレで食堂も兼ねてしまったわけです。
そのトイレには長所と短所があります。

○長所○
・オシッコを吸って粉になったトイレ砂が下のトレーに落ちるので、
 足元があまり湿ったままにならない。
・ペットシーツより経済的?かな・・・(と思いつつ実はあまり変わらないかも)

×短所×
・成長と季節により糞尿の量が倍近くになり、粉になったトイレ砂で
 トレーがいっぱいになり、トイレに湿った砂の山が残ってしまう。
・フンの大きさがちょうど網目の大きさと同じでよく網目にフンが詰まる。
・湿っていない砂はそのまま使うのでフン拾いと食いカス(下に落ちた牧草)
 を箸で拾うのが意外と大変。
・掃除の手順が面倒かも・・・。
・大きいので小動物用のケージでは使えない(>_<)。

実際にどのようにトイレ掃除をしているのか写真と共にご覧下さい。
因みにこの写真は、この新しいトイレに変わった際に、旦那さんに
掃除の仕方を覚えてもらうために作った「トイレ掃除の仕方♪」で
使用したものです。今は食器や給水器まわりなど変更しています。


●まず食器をどかし、フンや食いカスを取り除きます。
080617_0913~0001.jpg

●小さなほうき?でトイレ砂を四方八方に動かし、粉になったトイレ砂を
 網の下に落とします。(残ったトイレ砂はそのまま使うので)
080617_0914~0001.jpg

●フン拾いの箸で網に詰まったトイレ砂やフンなどをつついて下に落とします。
080617_0915~0001.jpg

●食器などを定位置に置きます。
080617_0917~0001.jpg

●トイレ砂を均一に敷きます。
080617_0918~0001.jpg

●下のトレーをそっと引き出します。(トイレ砂の粉でいっぱい!!)
080617_0926~0001.jpg

●新聞を広げその上でトレーのものをそっと出します。
080617_0927~0002.jpg

●写真ではトレーに敷いた新聞紙は乾いていますが・・・今ではオシッコで
ビッチョリ濡れてしまっています(;´Д`)。
080617_0928~0001.jpg

●全てを新聞紙に包んでレジ袋に入れゴミ箱へ(要蓋付き)。
080617_0928~0002.jpg

●トレーにペット消臭剤を吹きかけトイレットペーパーで拭き、
 新しい新聞紙を敷いて掃除終わり!
080617_0929~0001.jpg

短所の方が多いんですが、一番はプーモルミーがオシッコで汚れない事です(* ^ー゚) b
全く汚れないわけではありませんが、お迎えしてからまだ一度もお風呂に入れていません。
お腹のお毛々は真っ白から薄クリーム色になりましたが、ほとんど臭いません。
うっすらトイレ砂の木の匂いがします(゚Д゚ ;)

あと気を付けなければいけないのは、網目で怪我をしないようになるべく
トイレ砂を敷き詰める事。ただ夏場はトイレ砂の量が多い分オシッコをたっぷり吸って
湿った粉の山が出来てしまうので少し少なめにしてしまいましたが。

因みにこのトイレは猫用のトイレでトレーには専用のペットシーツを敷くので
あまり高さがありません。あと5ミリでいいから高さがあったら嬉しい感じです。


もっと掃除が簡単でモルが清潔でいられるトイレがないかなぁ〜(^−^)


ニックネーム 千葉モル at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼 育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

すごい顔(゚Д゚;) 生後258日目

夜のお散歩中、休憩所で寛ぐプーモルミー。
傍には掃除機があるからあご乗せするかなぁ?と思い、
携帯のカメラを起動させ待機。しかしなかなかあご乗せしない。
じっと観察する飼い主。
気配を感じて動かないプーモルミー。

よく見るともみじの前足がかわいい(´∀`*)




少し角度を変えて・・・と思ったら反応してこっちを向く。
微かに写った口元がかわいい〜(´∀`*)




更に角度を変えかわいい口元を・・・と思ったら(゚Д゚;)




あれ・・・(汗 


何か表情が違ってる( ; ゚Д゚)σ









何見てんだよっ!むかっ(怒り)



下唇を噛みしめ、目は吊りあがって恐ろしいお顔・・・。


しつこい飼い主にキレてる??



ニックネーム 千葉モル at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プーモルミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする